三恵産業 sankeisangyou

メイド・インTOKYO、メイド・イン墨田の革 みなさまに支えられて創業80年

ピッグスキンは日本で自給できる唯一の革素材です。

弊社は創業以来80年以上かけて築き上げてきた技術と信頼をもとに
ピッグスキンの鞣し、染色・加工を一貫して行っております。
生産の現場ではお客様のニーズにお応えするために
技術者の絶え間ない努力が原動力となっております。

諸外国をはじめとするアジア諸国の発展に伴い
国内の製造業は工場を海外へシフトするなど大変厳しい状況におかれています。
日本人の繊細な技術力、製造力はまだまだ世界最高水準にあり、
長年かけて培ってきたそのノウハウを改善、革新していく手法も
簡単に他者が真似できるものではありません。

製造業の原点である「ものづくり力」の強化に立ち返り
弊社は生産技術、製造、品質管理、保全、施設管理などを徹底する
経営理念の上で絶えず変化する市場が求めるものをいち早く開発し、
確かな技術と最高の品質でお客様へご提供します。

「誠心誠意」「お客様の期待に応える」弊社に、
是非ご期待ください。

代表取締役 阪本和男

会社概要

会社名
三恵産業株式会社
所在地
(本社)東京都墨田区東墨田2-26-3
(姫路工場・)兵庫県龍野市148(森本製革所内)
設立
1 958年7月19日
代表取締役
阪本 和男
資本金
1900万円
事業内容
豚原皮(鞣し)・染色・加工販売
従業員数
24名
敷地
1530㎡

会社沿革

昭和 5年
故阪本勝蔵により阪本製革所設立
昭和33年
三恵産業株式会社設立
資本金350万円にて新発足
昭和38年
防衛庁の銘柄指定工場となる
資本金1700万円に増資
昭和46年
代表取締役社長 阪本和男就任
第2工場を設立し、牛革部門を縮小し、
豚革生産を拡大
昭和48年
資本金1900万円に増資
昭和51年
北海道農業協同組合(現:ホクレン)と
原皮取引基本契約を締結
平成18年

姫路工場へ鞣し部門を移転